研究室公開

OPEN LABORATORY

先進マルチメディア情報知能システム
情報工学コース

07

カオスでパパッと解く

新しい脳型コンピュータを目指して

堀尾研究室

EXHIBIT

オープンキャンパスでの展示

カオスでパパッと解く

人間や動物の脳は、パソコンなどのデジタルコンピュータとは全く違う方法で、様々な情報を効率よく処理していると考えられています。例えば、脳にはプログラムは無く、学習によって知識を蓄えます。また、意識的あるいは無意識的な処理を巧みに使っています。本研究室では、このような脳の仕組みに学んだ新しいコンピュータの開発に取り組んでいます。オープンキャンでは、これまでのコンピュータは苦手だが、我々が開発した脳型コンピュータなら高速に(だけど適当に)解ける問題の一例である動物園問題を紹介します。

スマホアプリが研究室をナビゲート

SmartCampusへ

ブレインモルフィックコンピューティング

「ブレインモルフィックコンピューティング」とは、今のコンピュータとは異なる、脳だけが持つ機能、例えば、意識・無意識、選択的注意、情動、自己など、を、脳の構成要素(例えば、ニューロンやシナプス)やその構造に学び、それらを最先端のデバイスで作り上げていこうとする研究です。我々は、ニューロンやシナプスに似た応答を自然に示すデバイスとして、スピントロニクスデバイスに注目しています。